より本質に迫るため
徹底的にお客様と議論し
自分自身に問い続けることから
逃げない
HAYAMUNE TAKAYAMA
高山 隼領
関西支社
2016年入社 経済学部経済学科
Career Step
2016年入社
前職では、新卒に特化した採用支援の営業に携わる。その後、完全オーダーメイドのソリューションを提供したいと、コンサルティングファームを中心に、転職活動を実施。2016年セルム入社後は、関西支社に配属され、 主に部品メーカーを担当。案件ごとに異なるマネージャーの下で活動し様々な観点から刺激を受けることで、スピード感のある成長を実感する。
2017年~
関西の大手企業に対して、人・組織の領域に関わるさまざまな支援を行う。制度設計や組織風土改革、個人の能力開発などの企画・運営に携わっている。
根本から経営課題を解決する仕事がしたい!が入社の決め手

私は今まで「根本的な課題は何か」を考えることを意識してきたように思います。前職では、新卒に特化した採用支援に携わりました。主に四年制大学の卒業生を定期採用する企業が対象になりますが、営業活動の中で私は徐々に 「そもそもこの企業の経営戦略・課題・人事戦略は何なのだろうか?」「はたして、それら課題、戦略に基づいた採用戦略を立てているのだろうか?」「結局私の支援は、会社の成長に継続的に寄与しているのだろうか?」という疑問を抱えこむようになりました。 そのようなことばかり悩んでいるうちに、「企業の中に深く入り込み、組織内でどのような事態が発生しているのかを肌で感じたい」という想いが強くなりました。
この動機から、転職活動では「クライアントの経営戦略と課題を、近い距離で常に意識することが求められること」「先方社内に深く入り込み“現場”を見られること」の2つの条件を満たす会社を探しました。セルムは、この2つの条件に加え、 社外に各業界のトップリーダーをネットワークしているので、プロジェクトを進める上で彼らと協業することが出来る環境でした。日々彼らから様々な観点で叩かれ自身のスキル、感性を磨くことが出来、魅力的な環境だと感じています。

目的から顧客と共に創ることで、セルムの価値を高める

現在、関西支社にて、大手部品メーカーや大手ハウスメーカーを担当しています。入社当初は研修案件に立ち会う機会が多かったのですが、クライアントと接する際には常に、“そもそも”の施策目的を議論しながら共に創ることを意識してきました。目的を定義する段階から、 先方の意思決定者の思考の中に自分の色を加えることで、今までにないプロジェクトを生み出せると考えます。私がこの面白さに気付いた契機は、ある企業の技術開発部門との案件でした。
そのクライアントとは、これまで何度も「新規事業のタネを生み出す人材を育てるためには?」という『人・組織』のテーマで議論し、施策を実行してきました。その過程で、『人・組織』ありきではなくそれらが抱える開発テーマに対して直接てこ入れすることこそが、 「新規事業のタネを生み出す」という組織ミッションを達成できると考え、提案し受注しました。
これは、クライアント社内で決められた(時には、担当者個人が決めた)課題認識をベースに「何を実行するのか?」という議論を進め施策を形にするのではなく、そもそもこの課題認識は合っているのか?という、“そもそも”を考えクライアントと共に議論したからこそ生まれた 新しいソリューションだと考えます。このように、一段上の“そもそも”の問いを立て、それに対する答えをクライアントと共に作ることこそが、セルムにとっての新たな価値を生み出すはじめの一歩になると考えます。

人事から経営層へ。組織開発や経営戦略に直結する役割へ。

セルムに限った話ではないですが、この仕事の面白さは、自分の思考の質・量次第で企画内容の質が顕著に変わることだと思います。「どれだけ多くの視点が入っているか」「どれだけ長い期間の効果を狙っているか」「この提案の“ミソ”は何なのか」など考え抜いた人の企画は、 誰でもその思考の痕跡が見て取れると思います。場合によっては、企画書を見るだけで、その企画者の思考の癖や人柄が窺えますし、実力がばれます。その分野の経験・知識の引き出しが多ければ、もしくは最後まで考え抜けた場合、多くの人の心を動かす絵が描けますし、 その逆の場合は凡庸な絵しか描けません。日頃からそんな意識を持っていると、情報に触れたときに素通りしてしまうなどということはありえませんし、企画構想の段階や出来上がった企画書を見返している段階では、「自分が何をしたいのか、この提案の何が面白いのか」を 常に自問自答し始めるようになります。
また上記のような問いに答える上では、社内の上司・先輩・同僚からはもちろん、外部のコンサルタント、様々な業界のリーダーから受ける刺激には大きく影響されることもあります。
今後私個人としては、グローバル案件に携わる機会も増えつつあるので語学力をさらに磨き、クライアントに対する影響の幅をさらに広げていきたいです。将来的には、より経営戦略に同期し、また影響を与えられるプロジェクトに関わっていきたいと思っています。

①自分が正しい、面白いと思うこと ②クライアントのためになると思うこと ③稼げること
この3つをどれだけ高い水準で達成できるか。
私のマンスリースケジュール
その他の社員
2014年入社
東京本社マネージャー
西野 隆是
2014年中途入社
東京本社チーフ
中村 仁美
2015年入社
東京本社コーディネーター
古津 可菜子
2008年入社
升励銘企業管理諮詢(上海)有限公司
総経理
木下 伸雄
2011年入社
CELM ASIA ジェネラルマネージャー
佐藤 陽介
2012年入社
関西支社チーフ
佐野 剛史
2006年入社
関西支社マネージャー
中村 きょうこ